使っている道具とケーキ型

お菓子作りに使っている道具

このサイトのレシピで使っている製菓用品のまとめです。リンクをクリックするとそれぞれの商品ページに繋がっています。

  • 泡立てる
  • 混ぜる・まとめる
  • ふるう・漉す
  • 形をとる
  • 絞る・飾る

Tab 1

ハンドミキサー

スポンジケーキやメレンゲなど、作るためにしっかりした気泡が必要なお菓子に使います。

ホイッパー

生地を泡立てたり、混ぜるときに使います。

Tab 2

ゴムベラ

柄とへらが一体型で、つなぎ目のないものが洗いやすくて衛生面でおすすめです。個人的な感想ですが、ヘラの部分の厚みが薄めでしなりの良いものが使いやすいです。

木べら

カスタードクリームを作るときに使っています。耐熱性でしっかりした厚みのあるシリコン製のゴムべらでもOK。

カード

生地を混ぜたり、切り分けたり、きれいに集めたりできます。

Tab 3

ストレーナー

粉類をふったり、生地を漉すときに使用します。底の丸いものの方が粉や生地が溜まりにくいのでおすすめです。

茶こし

飾りに粉糖やココアパウダーをふるときに使用します。

Tab 4

ケーキ型

シフォンケーキ型以外は主にテフロン加工されたケーキ型を使っています。生地離れが良いのと、洗うときに汚れが落ちやすいです。

 

クッキー抜き型

気に入った抜き型いろいろ。

 

パイ車

こちらのパイ車はギザギザが深いので形が良く出ます。

 

クッキングシート

オーブンでお菓子を焼く時に天板や焼き型に敷いて使います。耐熱性で表面がつるっとしていて生地がひっつかないので、ケーキやクッキーなどが取り出しやすくなります。

ケーキ用の敷紙

クッキングシートの紙をケーキ型に切り取って加工されたもの。ケーキ型に敷いて使います。クッキングシートを自分で切って作ることもできますが、あると便利です。

Tab 5

口金

ケーキのデコレーションや生地を絞るときに使用します。

絞り袋

口金をセットして使います。衛生面から使い捨てタイプがおすすめです。