• とうもろこし粉のパウンドケーキ

とうもろこし粉のパウンドケーキのレシピ

とうもろこし粉のパウンドケーキはイタリアではアモール・ポレンタ(Amor polenta)と呼ばれています。ロンバルディア地方のケーキで主材料はコーンミール。独特な食感を持っていますが、柔らかくてしっとりとした口当たりのケーキです。パウンドケーキ型で焼きましたが、オリジナルでは半円の形に溝がついているレーリュッケン型というケーキ型で焼かれ、粉糖で飾りつけをします。レーリュッケンとはドイツ語で「鹿の骨」という意味だそうです。

食感がおもしろいコーンミール

コーンミールとは乾燥させたとうもろこしを挽いて粉にしたもので、目の粗い順にコーングリッツ、コーンミール、コーンフラワーになります。コーンミールはケーキの他にパン生地やマフィン、クッキーなどに混ぜたり、トッピングとして使われます。また、イタリアにはポレンタというコーンミールを煮て作る料理があり、北イタリアでは主食として食べられます。

コーンミールを使ったその他のレシピ >> とうもろこし粉のクッキーのレシピ

とうもろこし粉のパウンドケーキのレシピ

1 (2 票)
分量: 18cmパウンド型1台分
調理時間: 60分+α
オーブン設定: 150度

材料

  • バター(常温) 110g
  • グラニュー糖 100g
  • ラム酒 15g
  • バニラエッセンス 適量
  • 全卵 2個
(A)
  • 薄力粉 40g
  • アーモンドパウダー 60g
  • コーンミール 90g
  • ベーキングパウダー 1g

準備

  1. オーブンを150度に設定する。(電気オーブンの場合は20~30度高めに設定してください)
  2. 粉類をストレーナーでふるう
  3. パウンド型にバターを薄くぬり小麦粉をはたく、または型にバターを所々つけ、型に沿って切ったクッキングシートを敷く

作り方

  1. バターをポマード状にし、グラニュー糖を加えてホイッパーで白っぽくなるまで混ぜる
  2. ラム酒、バニラエッセンスを加え、卵を3~5回に分けて加えては混ぜ、(A)を加えてゴムべらで切るように混ぜて均一な生地にする
  3. パウンド型に生地を流し、150度で45~50分焼いたら、型に入れたまま粗熱をとる

あなたにおすすめの関連レシピ

コメント