• アイスクリーム

アイスクリームとイタリアのジェラテリア

おうちで簡単にできるさっぱり系のアイスクリーム。ココアや刻んだチョコレート、抹茶、フルーツなどを加えれば、異なるフレーバーのアイスクリームもすぐにできます。

 

ジェラートの国、イタリア

イタリアはジェラートの国。ここにも、ここにも、あそこにもと、一つの町を歩いているだけで何軒ものジェラテリア(ジェラート屋さん)を見かけることが多々あります。ジェラート屋さんもたくさん、そしてジェラートのフレーバーの多さにも圧倒されます。1軒のジェラート屋さんで少なくても約10フレーバーはあるんじゃないでしょうか。

 

ジェラテリアのこだわりの味

イタリアのジェラテリアは人気の定番のフレーバーが各お店に揃っています。それに加えてそのお店のオリジナルのジェラートや一風変わったジェラートを販売しているところもあります。例えば、アップルパイ、カッサータなどのケーキ味のジェラート、ハーブのセージの風味がするジェラート、ワイン味のジェラート、私はお目にかかってはいませんが、プロシュット(生ハム)のジェラートもどこかに存在するらしいです。

 

私のお気に入りのジェラテリア

私にはイタリア滞在中に何度も通ったジェラート屋さんがあります。リグーリアにお店を展開しているGelateria Corteです。このジェラテリアで食べたモカフレーバーのジェラートは私のイタリア旅行中で最高のジェラートでした。このお店は作り方にもこだわりが感じられました。例えば、アマレーナ味のジェラート。アマレーナとはチェリーのコンポート。イタリアでは定番のジェラートのフレーバーでジェラートの中にミックスされているのが普通だと思われますが、Gelateria Corteでは注文したその場でアマレーナをトッピングしてくれます。生クリーム、クッキーのトッピングもフリーなのでお好みで。もしリグーリアを訪れる際にはGelateria Corteはぜひ味わってほしいジェラテリアです。

アイスクリームのレシピ

0 (0 票)
分量: 4人分
調理時間: -

材料

  • 牛乳 300 g
  • 脱脂粉乳 20 g
  • 水あめ 20 g
  • グラニュー糖 60 g
  • 生クリーム 40 g
  • お好みのトッピング 適量

作り方

  1. 牛乳、脱脂粉乳、水あめ、グラニュー糖を鍋に入れて強火で沸騰させる
  2. 火からおろし生クリームを加え混ぜたら氷水にあてて粗熱をとり、冷蔵庫でジップロックに入れて一晩寝かせる
  3. トッピングがあればそれを入加え、冷凍庫に入れて冷やす
  4. 30分~1時間くらいの間隔をあけて液体の入ったジップロックを揉んで、液全体を均一な状態にしてから冷凍庫に戻す
  5. ④をくり返し、好みの固さになったらできあがり

あなたにおすすめの関連レシピ